骨粗鬆症外来|ふじわら整形外科|瀬谷駅徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科

〒246-0014 神奈川県横浜市瀬谷区中央3番地10 守ビル2階
045-444-8871

骨粗鬆症外来

Medical

骨粗鬆症外来|ふじわら整形外科|瀬谷駅徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科

骨粗鬆症とは

骨粗鬆症とは、老化などが原因となって骨の量が減少し、鬆(す)が入ったように骨がスカスカになり、もろくなって骨折しやすくなる病気です。

骨粗鬆症になっても、通常は痛みがなく気付きませんが、ちょっとした外力や転倒で骨折しやすくなります。骨折が起こりやすい部位としては、背骨の骨折(脊椎圧迫骨折)、手首の骨折(橈骨遠位端骨折)、ももの付け根の骨折(大腿骨頚部骨折)があります。骨折が起こると、その部位が痛くなったり動けなくなってしまったり、背中が丸くなったり身長が縮んだりします。

骨粗鬆症は圧倒的に女性に多く、特に閉経後の女性に多くみられ、女性ホルモンの減少や老化と関わりが深いと考えられています。また、高齢者の骨折は寝たきりの原因となるため、骨折予防が非常に重要です。

当院での検査について

当院の骨密度測定装置はDEXA法による腰椎、大腿骨の骨密度測定が可能です。

定期的に骨密度を測定することで治療効果の判定にもなります。

また骨代謝マーカーの測定も行い、ひとりひとりに最適な骨粗鬆症治療を行います。

予防と治療について

骨粗鬆症は予防が大切な病気です。

予防

  • カルシウムを十分にとりましょう。
  • ビタミンD、ビタミンK、リン、マグネシウム、適量のタンパク質をとりましょう。
  • 禁煙、飲酒は控えめにしましょう。
  • ウォーキングなどの運動、日光浴をすることも予防になります。
  • 転ばないように注意しましょう。

治療

内服や注射などによる治療を行います。

なお、閉経後の女性は、整形外科専門医の定期的な検診をお勧めします。